白髪染め TOP » 白髪の基礎知識

白髪予防

1件の口コミ・コメント

4つの予防法

白髪は、髪のメラニン色素が作られなくなることで起こります。そしてメラニン色素が作られなく原因としては、加齢や老化、病気、心労・ストレス、遺伝があります。
そのため、白髪を予防するためにはこれらの原因への対策を立てることが必要であることがわかります。
加齢や遺伝については予防が大変難しいですが、病気とストレスは、普段の生活の仕方である程度予防ができます。
ここでは白髪の予防法を、適度な運動、食習慣の改善、睡眠の確保とストレス発散の4つに分けてご紹介します。

白髪予防法1:適度な運動

予防法のひとつめは「適度な運動」です。
適度な運動は健康の維持やストレスの発散などの意味もありますが、特に白髪の予防としては、血行の促進が重要となります。
血行が悪くなると、栄養素が血管を通って毛根へ到達しにくくなり、色素細胞を弱らせてメラニン色素が生産されなくなってしまいます。それゆえ、血行の促進を図ることで毛根の色素細胞の老化や弱体化を防ぐわけです。

白髪予防法2:食習慣の改善

予防法の二つめは「食生活の改善」です。
食生活を改善するということは、毛根に届けられる栄養素を確保することでもあります。
三食きちんとバランスのとれた食事をとることで毛根や色素細胞の衰弱を避けるのことができ、白髪の予防になります。
健康の髪は健康な身体に生えるのです。

白髪予防法3:睡眠の確保

予防法の三つめは「睡眠の確保」です。
髪は夜間の10時~2時までの睡眠中に成長すると言われています。この4時間は、特に髪を成長させるホルモンの分泌が活発になるゴールデンタイムなのです。つまり、この時間に睡眠をとることで、睡眠中に健康な髪が作られていくと言えます。
逆に言えば、この時間帯に起きていたり、極端な睡眠不足に陥ると、髪を成長させるホルモンが分泌されないことになります。そして毛が抜けやすくなったり白髪が生えてきたりします。
そのため、なるべく夜10時から2時までの時間帯に睡眠をとるようにするのが、白髪予防のためには必要です。もしその時間帯に寝ることはできなくても、睡眠時間を4時間以上は確保することで白髪の予防にはなります。

白髪予防法4:ストレス解消

予防法の四つ目は「ストレス解消」です。
白髪の予防に限らず、ストレス解消は大変重要です。過度のストレスを受けると人間の血管は収縮して血行を悪化させます。また、自律神経が乱れ、睡眠不足やイライラの原因となります。
これらのことが起きることで髪が健康的に生えてこなくなってしまうのです。
そのため、ストレス解消は白髪を予防するためにも重要なのです。運動やアロマテラピーなど、あなたに合った方法でリラックスして、ストレスを発散させて下さい。

1件の口コミ・コメント »

口コミ・コメントを投稿する