白髪染め TOP » 白髪の基礎知識

白髪対策

2つの白髪対策法

白髪ができてしまったら、どのように対策したらよいのでしょうか。それには大きく分けて二つの対策法があります。

  1. 白髪を染める
  2. これ以上白髪が増えないように白髪を予防する

対策法1:白髪を染める

対策法の一つ目は「白髪を染める」ことです。
当たり前のことですが、すでに生えてきてしまった白髪には、髪を染めて隠してしまうことが最も簡単で最も早い対策法です。
美容院などでもできますが、ヘアカラーやヘアマニキュアを使って自分一人で対策をすることも簡単にできます。これが白髪対策の基本になります。

ヘアカラー、ヘアマニキュアで対策

白髪染めの種類も大きく分けると2種類あります。

ヘアカラー

髪を脱色したうえで髪を染める方法で、持続力が長いです。髪質を改善するための成分が多く含まれている白髪染めが主流になっています。

ヘアマニキュア

髪の毛1本1本を染料でコーティングする方法で、髪を染めるというよりは、髪に着色をするといった感じです。髪を保護してくれる役割もしてくれますが、持続力はヘアカラー程ではありません。
他に生え際などの部分染めに最適な「一時染め」と呼ばれるものもあります。シャンプーですぐに落とせる一時的なものです。

これらの白髪染めを使えば、簡単に白髪を目立たなくさせることができます。

対策法2:白髪を予防する

白髪染めはあくまでも「白髪になってしまった後の対策」に過ぎません。新たに生えてくる髪は白髪のままでしょう。
そこで、白髪対策には白髪染めを使うのと同時に、ストレス解消や健康の維持といった、白髪が起こる原因を取り除くといった予防策を行うことも重要になってきます。
→詳しくは「白髪予防」のページへ

運動したり食生活や睡眠不足解消などの生活習慣を改めたり、サプリメントで栄養補給するなどの方法があります。
残念ながらこの予防策は日々の努力を積み重ねなければならず、実行後すぐに結果が出るものではありません。しかしこの方法によって白髪の進行を遅らせることは十分に見込めます。

すでに白髪が生えてきてしまった!という場合にはこの二つのやり方を並行しておこなうのが、一番の白髪対策になります。

口コミ・コメントを投稿する