白髪染め TOP » 白髪染めの基礎知識

白髪染めの種類

 薬事法上「染毛剤」として医薬部外品として扱われる「ヘアカラー」。もう1つには薬事法上「染毛料」とされる化粧品扱いの「ヘアマニキュア」。そして一時染めやシャンプー、サプリメントなどのその他の3種類です。

ヘアカラー

 いわゆるヘアカラーと呼ばれるものは、薬事法上「染毛剤」として分類され、医薬部外品として取り扱われます。このヘアカラーは、染料の化学反応により、毛髪中のメラニン色素を脱色し、染料で毛髪内から染め上げることで髪を染めます。毛髪の中から着色するので色落ちしにくいという特徴があります。しかし、染料によっては皮膚アレルギー反応(かぶれ)を引き起こすことがあり、事前にパッチテストを受けることが必要です。また、ヘアカラーにはアルカリ性の成分を含まれており、毛髪を傷める原因にもなります。注意は必要ですが、アレルギーがない方であれば約2~3ヶ月間は染色が持続するのでオススメです。

ヘアマニキュア

 それに対し、ヘアマニキュアというのは、薬事法上「染毛料」に分類され、化粧品として扱われる商品です。ヘアマニキュアは染料を毛髪の外側に付着させることによって毛髪を染めます。染毛剤(ヘアカラー)とは違い、アレルギー反応を起こす人はヘアカラーに比べて少ないです。持続力はヘアカラーに比べて短く、約1ヶ月程です。

その他

 その他にはスプレータイプの商品のような、いわゆる「一時染め」と呼ばれる種類の商品があります。これらは髪の毛に対して一時的に染料を塗布するものです。洗髪時のシャンプーで簡単に色落ちします。全体を染めるには向いていませんが、生え際の色の違いを隠すときなど、一時的に使うと大変便利です。
 さらに「白髪対策サプリメント」もあります。これは白髪の原因である、食生活や栄養のアンバランスをサプリメントで補うことにより、髪の育成環境を整えようという商品です。摂取してすぐに効果が表れるわけではありませんが、長期的に髪の健康を維持して、白髪の発生を抑えるという観点から、その効果を期待されています。

口コミ・コメントを投稿する